乾燥肌には保湿化粧品がベスト|ハリが蘇る

肌質に合わせてケアを

コスメ

刺激弱めな油溶性

美容効果の高い化粧水として人気があるのがビタミンc誘導体の化粧水です。ビタミンc誘導体とは、ビタミンCを人工的に加工して、より化粧品に使用するのに向くように開発された成分です。水溶性のものと、油溶性のもの、そのどちらの特性も持つ両溶性のものの3種類があります。ビタミンc誘導体に興味はあるけれど、肌に合うか心配、という方は、まずは油溶性のビタミンc誘導体が配合された化粧品から使ってみるのがおすすめです。油溶性のビタミンc誘導体は水溶性のように即肌に浸透するわけではなく、長時間肌にとどまり、ゆっくりと浸透します。その分低刺激なため、肌にもやさしいのです。値段も比較的安価で試しやすいでしょう。より早く効果を実感したいという場合には、両溶性のものが向いていますが、値段も高めですので、少量から、肌に合うか試して使用しましょう。

正しい使用法

ビタミンc誘導体ビタミンc誘導体配合の化粧水を使用する際には、使い方も大切です。洗顔後、すぐに手のひらで温めた化粧水を顔全体になじませます。このときこすったりパンパンとたたいたりせずにやさしく手で押さえるようにします。その後、口元や目元などの乾燥しやすい部分に再度化粧水をなじませていきます。しっとりと肌が手につくような感触が出れば、十分化粧水が浸透しているでしょう。その後乳液やクリームなどで保湿をします。ビタミンc誘導体には、皮脂の分泌を抑える効果がありますので、しっかりと肌の乾燥を防ぐことが大切なのです。また、ビタミンcはもともと肌への刺激が強いものです。生理前の肌が敏感な時期など、毎日の肌質に合わせて適切に使用しましょう。